ロシアの勢いが止まらない!独自通貨発行決定!

仮想通貨に関するニュースで見ない日はない「ロシア」の報道ですが、ついにロシア独自の仮想通貨を発行することが発表されました。

その名も「CryptoRuble(クリプトルーブル)」

 

仮想通貨は国に管理されていないことが「売り」ともされていましたが、国が発行する仮想通貨はどのような圧化になるのでしょうか?

 

 

【ロシアって仮想通貨嫌いじゃないの?】

ロシアのプーチン大統領は仮想通貨に消極的でありながら、ブロックチェーン技術には積極的だという報道が多くされてきました。

 

独自仮想通貨を発行するにあたり、いくつかの規制を設けることで仮想通貨を運用することにある程度決まっているようです。

 

 

【ロシア発行の仮想通貨の規制とは】

皆さん「マイニング」というワードはご存知でしょうか?

ビットコイン等の仮想通貨では「マイニング」を行い通貨処理を手伝うことによって胃、新しい仮想通貨を生み出すことができるのですが、クリプトルーブルはマイニングができないよう規制されるそうです。

 

しかしマイニングを行わなければ通貨の送金処理等ができないので、他の仮想通貨のように一般人がマイニングを行うのではなく「国」が主体となりマイニングを行うことになるようです。

 

 

【13%の課税対象になる場合もある!】

ロシアの法定通貨である「ルーブル」を使用し仮想通貨「クリプトルーブル」と交換することができるのですが、出所が不明で証明のできない場合は「13%」の課税がされることになっている模様です。

これはマネーロンダリングの手段としてクリプトルーブルが使用されないようにする対策なんだとか。

 

 

【ロシア以外にも独自仮想通貨発行国はあるの?】

大国であるロシアが仮想通貨に注目していることもあり、ロシアのニュースがクローズアップされがちですが他国でも独自仮想通貨を発行する運動は始まっているようです。

 

エストニアやドバイでも独自仮想通貨発行に向けて動き出しています。

もしかしたら日本でも国が発行する仮想通貨ができる日も遠くないかもしれませんね(^_-)-☆

TOPへ