ハウステンボスが独自通貨を発行!

11月にも入り、だんだんと冬に向かってきましたね。

ビットコインも高騰し現在85万円を突破しました!

 

さて、今回は寒い季節にぴったりな施設から仮想通貨にまつわるグッドニュースが飛び込んできました。

 

 

【世界最大規模のイルミネーションが見られる施設で独自通貨発行!】

皆さん「ハウステンボス」をご存知でしょうか?

長崎県佐世保市にある、見る・体験する・遊ぶ等様々な事ができるとても大きな施設で、中でも世界最大規模のイルミネーションがとっても有名な施設です。

 

このハウステンボスが独自の仮想通貨「テンボスコイン」を使用した決済システムのテストを行うと11/6に発表しました!

テストは12月中旬に開始予定で、まずは従業員の方向けにハウステンボス内のレストランや店舗で約3か月実施するそうです。

 

 

【テンボスコインの詳細は?】

テンボスコインと言っていますがまだこの名前に決定しているわけではないそうで、あくまで仮称です。

1テンボスコインが1円で、施設内の指定場所で無料のスマートフォンアプリにチャージをして使用します。

 

開発には「アイリッジ」という会社が協力するとのことです。

 

 

【なぜ仮想通貨なのか?】

現代ではSUICAやPASMO等の電子マネーも多くの施設で利用できるようになっているにも関わらず、なぜ仮想通貨での決済方法をハウステンボスが選んだのか気になりませんか?

 

もちろん日本国内で仮想通貨が多くのメディアに取り上げられていることもあると思います。

 

そして、仮想通貨の開発費は低コスト。

また、子会社のHTBエナジーというグループ会社の顧客等がテンボスコインに参加する可能性があり、周辺の事業者も参加できる体制を整えたい考えのようです。

 

今後はテンボスコインから円やドル・ビットコインと換金することができるように勧めていくようなので、投資目的の方も視野に入れているのではないでしょうか。

 

 

どんどん普及してきた仮想通貨文化!

今後も色々なニュースを配信したいと思います!

TOPへ